焼き肉の日

こんにちは。


東京都練馬区と足立区で食品倉庫内作業を行っております、アッセンブルです。



毎年8月29日は焼き肉の日!

ということで今日は年に一度の焼き肉の日なんですね。



そこで焼き肉の日がどんな日なのかについてご紹介いたします。



焼き肉の日は全国焼肉協会という農林水産大臣に認可を受けた事業協力組合によって26年前に制定された記念日で、「地域社会への貢献と販売促進」目的とした日なんだそうです。


暑い夏にスタミナをつけて乗り切ってもらおうと土用の丑の日、天ぷらの日と合わせて「夏バテ防止三大食べ物記念日」といわれる日の一つでもあります。



8月29日が焼き肉の日となった由来は語呂合わせで「やき(8)に(2)く(9)」となることが起因しています。

これに合わせて毎年焼き肉店などでは様々なイベントが開催されているんだそうです。



焼き肉をする際に様々な部位のお肉があり、どのくらいの部位があるんだろう疑問に思われる方もいらっしゃるかともいます。肉の大様ともいわれる牛では全部で25種の部位に分けられ、三角バラやマキロースは差しが入ったこってりとした味でひれや内ももは差しが少なめでさっぱりとした味なんだそうです。


木曜日ということもあって今日はおうちごはんなんだよなという方も次に焼肉行く機会がありましたら参考にしてみてくださいね!



今日は昨日と変わってお天気が回復し、気温も真夏日の暑さとなる予報になっております。

熱中症の危険指数も久しぶりの危険になっておりますので皆様ご注意ください。


それでは今日も頑張ってまいります!