バレンタインデーの由来と歴史

こんにちは!

 東京都練馬区と足立区で食品倉庫内作業を行っております、アッセンブルです。


今日はバレンタインデーですね! 



恋人や家族、職場の仲間や親しい友人にチョコレートをプレゼントする日です。 誰しも学生の頃甘酸っぱい思い出もあるのではないでしょうか? 


バレンタインデーの歴史はローマ帝国まで遡ります。 

当時のローマでは女王ユーノー(すべての神々)の祝日で、翌日15日はルペカリアの祭りが行われていました。 

ルペカリアの祭りではくじ引きでペアになった男女が一日を共にするお祭りです。当時は男女が一日を共にすることが珍しかったこともありペアになった男女はすぐ恋に落ち結婚をしていました。 


その後、ローマ帝国皇帝は、軍隊の質と土気の向上を目的に若い兵士たちの結婚を禁止してしまいました。 


しかしこれを受け、キリスト教司祭のウァレンティヌスは可哀そうな兵士たちのこと想い、内緒で結婚式を執り行っていました。 

そのことがやがて皇帝の耳にも入り、怒った皇帝は法を無視したウァレンティヌスに罪を認めさせ、二度とそのようなことがないように命令しましたが、ウァレンティヌスはそれに従わなかったため、処刑されてしまいました。 


ウァレンティヌスの処刑日はユーノーの祝日であり、ルペカリアの祭りの前日であるる2月14日に選ばれました。 

以降、毎年2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったそうです。 


「バレンタインデー」の「バレンタイン」とは、若者たちの愛を取り込もうとしたキリスト教司祭の名前「ウァレンティヌス」のことだったのです! 

何気ないイベントも歴史と由来を調べてみると面白いものですね!

 ぜひ皆さんバレンタインデーを楽しんでくださいね!