あれから24年

こんにちは。

東京都練馬区と足立区で食品倉庫内作業を行っております、アッセンブルです! 


1月17日といわれると忘れでいけないのが阪神淡路大震災です 


大きな地震の被害に遭われた方々は寒い中食べ物に困っていました。 

そこでボランティアの炊き出しが行われ、すぐ食べられる「おむすび」が配られました。 

その後おむすびの炊き出しをしてくれた感謝の意味も込めて今日は「おむすびの日」とされています。 

おむすびの「むすぶ」は「結ぶ」に繋がっています。 

おむすびは人と人が手を結ぶといった意味も込められているんですね。 


阪神淡路大震災、決して忘れてはいけない日 

現在震源地の神戸に住まれている方の半数近くが震災を経験していないといわれています。 

被災した人たちの高齢化も進む中、記憶と教訓を継いでいけるよう一人一人意識していきたいですね。