回文の日

おはようございます。

東京都練馬区と足立区で食品倉庫内作業を行っております、アッセンブルです。



今日、12月21日は回文の日!

皆さんは回文の日がどんな日かご存知ですか?


回文とは、上から読んでも下から読んでも同じになる文句のことを言い、今日を数字で見ると上から読んでも下から読んでも1221になることから由来して回文の日になったんだそうです。


長いものから短いものまでさまざまな回文があるのですがきょうは3つご紹介させていただきます。


まずは短い「足しました」というもの。


漢字で見ているとちょっとわかりにくいですが…「足しました=たしました」は確かにきれいに同じ言葉で鏡写しになっていますよね!



ちょっと長いものになると「妻堤を見つつ待つ」。


これもひらがなにすると「妻堤を見つつ待つ=つまつつみをみつつまつ」となるんですね。



実は江戸時代にもこのような回文はあったようで『日本風土記』のなかにも「長き夜の十の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな(=なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな)」というものもありました。



この回文の歌で一番古いものは平安後期の歌論書『奥義抄』に「草花を詠む古歌」として載っている歌なんだそうです。

また、海外でも同じように言葉遊びとしてpalindromeや倒順句という名前であるんだそうです。

調べてみると日本はもちろんいろいろな国の回文を見つけることができますので興味がある方は是非探してみてはいかがでしょうか?



今週末は3連休という方も多くいらっしゃるかと思います。

今日からまた一段と寒さが増してくる予報となっておりますので、お出かけされる方は体調崩されないように気を付けてくださいね!